日々のあれこれ

2020年ビックカメラ福箱の中身「SONY ブルーレイディスクレコーダー1TB(3チャンネル同時録画)」を早速使用開始!

うえぽん
うえぽん
いや~・・・福箱当たってよかったなぁ

 

2020年ビックカメラ福箱で当てた「ブルーレイディスクレコーダー」を

前回開封させてもらいましたので、今回は使用感を書いていこうと思います。

 

福箱の中身は・・・

今回、福箱でブルーレイディスクレコーダーを選んだ理由としては、

もともと持っていたレコーダーが再生や録画ができなくなり、

リモコンもボタンがきかなくて、代わりのリモコンも見つからないっていう

状況となってしまっていて、新しいが必要でした。

下の画像が、購入していた福箱に入ってたブルーレイディスクレコーダーです。

 

福箱の購入時の金額は、31,800円(税込み)でした。

前回と被ってしまいますが、入っていた商品は

となっており、1万円以上安く購入することができました。

 

進化しているんですね

実は、もともと使用していた買い替える前のブルーレイディスクレコーダーも

SONY製の1チャンネル録画で300GBのものでした。

今回当たったものでも2017年製なので、型落ちしているのでしょうけど、

今回、開けてみて率直に思ったのが、

小っさ!

でした。

 

比べる機種が、8年程前のものとなるからだと思いますが、

上から見た時の面積が2回りほど狭くなっており、

正面から見た高さも半分程度でした。

 

ねこたろう
ねこたろう
見た目もかわっているんですな♪

 

しかも電源ONからの起動が早く感じるっていう。

 

すごいぞ!Wi-Fi機能!

以前は有線での接続のみだったのに・・・。

もうWi-Fiでつながるんですね。

これはほんとにありがたいです。

これで携帯やタブレットからでも見れるようになるって、

めちゃめちゃ便利ですね!

本体を起動しなくても見れてしまうっていう。

携帯へもアプリを入れれば、録画予約が外出先からでもできるって。

 

あれ?そういえばXBRは?

 

本体の設定が終わってから、いざホーム画面を見てみると、

いつも知っているメニュー画面じゃない?

違和感があったのは、XBRじゃなくなっていたんですね。

 

ワタクシは、SONY製と言えばっていうのがあったので、ちょっと残念。

 

慣れていたっていうのもあったんですけどね。

 

ちょっとカリカリ音がする

 

機種が新しくなったこともあり、全体的に静かになったことで、

逆に目立つようになったのが音ですね。

 

録画が始まった時など、「カリ・・・カリカリ・・」って

音が分かりやすくなりましたね。

 

ここは、音が大きいって言われてしまいそうですね。

 

それでもワタクシは、以前のものと比べると

全体的に音が小さくなっていると思いますね。

 

格段に使いやすくなってますね

3チャンネル同時録画はまだできていないのですが、

XBRはなくなってしまったものの、番組録画がめっちゃ楽でしたね。

 

ちなみに、2019年の新しい製品が販売されています。

金額はちょっと高いですが、みなさんのレビューも今のところ良さそうなので、

改善されているのかもしれませんね。