日々のあれこれ

4K対応のライブゲームキャプチャー「LIVE GAMER ULTRA GC553」を導入!

うえぽん
うえぽん

配信を始めてしばらく経つけど、PS4の映像を
もう少しクリアにお届けしたいなぁ・・・

 

ねこたろう
ねこたろう

おや??どうしたんですかな??

 

うえぽん
うえぽん

動画見返すと若干ラグがあるんだよねぇ

 

ねこたろう
ねこたろう

なら、キャプチャーボードを変えてみたらどうですかな??
4K対応なのもありますし
ハードウェアエンコードからソフトウェアエンコードに
してみたら、いいかも?

 

新ゲームキャプチャー購入しました!

 

やっぱり配信はできるだけ綺麗なもの見てもらいたいですよね?

PS5も発売となるとなおさら考えてしまうものです

 

というわけでこちら届きました!

「LIVE GAMER ULTRA GC553」

※明るいところで撮影したのでかなりテカってて見づらいですが。。

排熱処理のためか、空気口を取り入れたデザインになってますよね?

かっこいいです!!

以前、自分の配信機材紹介の記事でも書きましたが、
今まで使っていたのは「LIVE GAMER Portable2 AVT-C878」でした。

AVT-C878

 

早速オープンしていきます

ドキドキしながら、早速開けていきます。

 

おぉーっ!外箱のデザインと対照的に、シンプルにしっかりと収まっていました。

 

取り出してみるとこんな感じです。

横もしっかり排熱用の空気口が入っています。

こうしてみると、かなりの熱が発生するのか、表と横のスリット数が多いですね。

 

付属品も含めるとこんな感じでした。

 

自分の写真センスの無さを恨みますが、USB Type-C、Type-Aの
コードと説明書が付属されていました。

 

GC553の特徴は?

やっぱり気になるのは、この製品の機能ですよね?

以下に簡単にまとめてみます。

 

・4K 60fpsでHDRパススルー可能

・4K 30fpsで録画可能

・1080p 120fpsで録画可能

・ソフトウェアエンコード方式

 

冒頭にも書きましたが、PS5の発売もあり、4K録画と高いfpsでのプレイが
出来るのは魅力的ですよね?

 

実際のプレイ動画で確認

 

実際の配信での動画を見てもらうと分かりやすいかなと思います。

プレイはアレですが。

 

こちらが、以前使用していた「AVT-C878」での配信動画です。

 

こちらが、「LIVE GAMER ULTRA GC553」での配信動画です。

HDRで配信したバージョンになります。

両方を比較すると、配信画面上の白飛びとか黒の部分とか

はっきり違いが出ていると思います。

また、文字の潰れも軽減できていますよね?

 

こちらはHDRを外したバージョンになります。

 

やっぱり

実際に使用して見てみると、配信の動画上、大きな違いがでていて画像も綺麗になり

60fpsでの配信もクリアになっているので、欲しい方には買いですね♪

PS5を購入されるのであれば、さらに高いfps値の録画も可能になりますし。

高画像、高リフレッシュレートでの録画の際は、AVerMedia社の提供する、

「RECentral」を利用がするのが間違いないですね。